かかりつけ医は良い?悪い?素直に感じた体験談

月に一度の定期訪問

子どもを持つ母です。まだまだ病気にかかり易い年代のため、月に1回はかかりつけ医のお世話になっています。

かかりつけ医の良いところは「よく知っている先生なので、安心して診てもらえること」です。顔馴染みの先生にお会いするだけで、こちらも気持ちが明るくなり、普段の様子とちがうことや気になったことを気後れせず伝えることができます。先生も過去の風邪や病気の経歴をみてお薬を出してくれます。子どものタイプを知って、合うお薬や治療法を選んでくれるのは親としてとても助かります。

町の医院の強い味方

反面かかりつけ医の予約が取れないとき・混んでいて長時間待たされるときは、かかりつけ医のデメリットも感じます。「インフルエンザ」や「水ぼうそう」など分かりきった病気のときは出せるお薬も決まっているように感じるため、他の医院でも良いのではないかと感じてしまいます。忙しいときには先生もゆっくり診てくれないため、イライラを感じることもあります。

かかりつけ医が良いのか悪いのかは人それぞれ。個人的には「馴染みの先生が近くにいること」はとても有りがたいことだと思っています。