プラセンタの美白効果

病院や美容クリニックでも、何かと話題にのぼる「プラセンタ」。今回はそんなプラセンタ療法の中でも、女性に特に関心の深いメラニン色素に有効とされる美白効果についての、ご紹介です。

・プラセンタ療法とは

胎児の発育に欠かせない活性化物質や純度の高い栄養素がたくさん含まれている人の胎盤には、新しい細胞の増加や新陳代謝の促進など、たくさんの働きがあります。その有効成分を抽出し、生成したものをプラセンタと言います。そして、飲んだり、塗ったり、注射で体内に取り込む方法をプラセンタ療法といいます。新陳代謝を活発に、自然治癒力を高める、等の人の基本的な作用に優れているので、美容効果が大変期待されています。

・メラニン色素への作用

① メラニン色素の過剰生産の防止:チロシナーゼというメラニン色素生産に関わる物質の働きをプラセンタの抗炎症作用や活性酸素除去作用で抑え、メラニン色素生産を阻止します。
② メラニン色素の黒化を阻止:活性酸素除去作用でメラニン色素による皮膚の黒化を防ぎます。
③ メラニン色素の排泄を促進:正常な肌のターンオーバーでは、増加したメラニン色素は表皮細胞まで運ばれ垢となって排泄されます。でも、新陳代謝・ホルモンバランスの乱れなどで排泄が滞ると、お肌のシミやくすみとなって残ります。
プラセンタは新陳代謝を活発にするので、メラニン色素の排泄を促し、日焼けの後の黒さが抜けるようになります。

・皮膚の肝班、ニキビの改善

肝班はシミ・くすみの一種ですが、両頬の左右に薄い茶色で現れる色素のことです。30~40代女性に最も多いという、女性の敵とも言えるものです。肝班は女性モルモンの影響を強く受けるシミですが、紫外線やかぶれによる皮膚炎、皮膚を刺激しての炎症も発症の原因とされています。プラセンタはこれらにも効果を発揮し、また、生理前のニキビ、炎症し赤くなったニキビの改善にも良いでしょう。
いかがでしたか、今回は「プラセンタの美白効果」についてのご紹介でした。
プラセンタには色々な効果が期待できます。
是非、参考にしてみてください。