ローズマリーの効能と特徴

 

病院や美容整形クリニックの集客で今話題なのがアロマテラピーです。植物の天然成分をギュッと凝縮した精油(エッセンシャルオイル)を使って、心も体も清浄にしてくれます。今回はローズマリーを取り上げてみました。

 

・昔からヨーロッパで重用されてきたローズマリー

ローズマリーは学名の中に「海のしずく」という意味を持つ、地中海沿岸原産の海辺に育つ樹木です。今、ローズマリーオイルの産地はフランス、チュニジア、スペイン、モロッコとなっています。ローズマリーの葉から水蒸気蒸留法で抽出されたローズマリーオイルの香りは、ゆっくりと香るタイプです。虫除けなどに使われてきた樟脳の匂いのような強い香りが特徴です。古代ギリシャやローマでは、深く生活に根差して取り入れられ、宗教儀式の復活や若さの象徴、魔除けとして用いられました。また、記憶力を高め、料理や、果ては感染症の予防・治療までと、活用幅が広がって行きました。

・頭をシャキッとさせて、お肌にもグーッ

ローズマリーオイルの主成分は、血行促進、抗カタル、粘液の溶解作用に優れているので、香りにも刺激作用や頭脳明晰作用があります。神経を刺激し、集中力・記憶力を高めるのに効果を発揮します。心労や気力減退など仕事や勉強のサポートにピッタリの精油ですね。

アロマポッドやアロマランプを使った芳香浴ではおなじみですが、ハンカチやお湯をはったマグカップにローズマリーオイルを数滴垂らせば、簡単手軽にリフレッシュできます。すっきり目覚めたい朝や車の運転中にも効果バツグンです。

0.5%以下に希釈したトリートメントオイルを作って、たるみが気になってきたお肌にそっと浸してみましょう。優れた収れん作用と代謝促進作用で、あなたのお肌を蘇らせてくれます。

 

いかがでしたか、

今回は「ローズマリーの効能と特徴」についてのご紹介でした。

頭脳明晰、お肌は健康、云う事なしのローズマリーでした。

是非、参考にしてみてください。